• clinic94

GLP1で心臓病が減る理由はミトコンドリア?

米国糖尿病学会、2001−pに興味深い発表がありました。


Thermoneutrality  という物質を投与すると大動脈のミトコンドリア活性が変化するとのことです。


特に、高脂肪の食事をさせたラットでは、大動脈のミトコンドリアの呼吸鎖に変化があるという内容でした。筋肉中ではインスリンが作用します。

(※:ここは一般の方向けには難しいので、読み飛ばしていただいても結構です。)

そして、ミトコンドリアのComples Iは、TNを投与すると低下します。本来は、亢進しているはずの活動が低下します。Complex III は普通の状態では、活性が亢進します。ところが、TNを投与すると、低下します。Complex IVも、同じ傾向を示します。 大動脈の血管収縮は、TNを投与した動物では、blunted、つまり、血管が収縮しなくなり大動脈のミトコンドリアの酸素消費量も抑えられます。高脂肪食を与えた動物では、TNはグルコースintolerance を示しますが、そうでない普通食を与えた動物では、glucose intoleranceは正常でした。


つまり、大動脈のミトコンドリア活性は、食事と連動しており、結局は、高脂肪食をとらないほうが、血管は元気なミトコンドリア活性を維持しており、究極には血管の若返りにつながります。


GLP1ダイエットでは、脂肪をとる量が減ります。であるならば、GLP1で、血管障害が起こりにくくなることの原因のひとつには、ミトコンドリア活性が関与しているかもしれません。


リラグルチド、つまり、ビクトーザやサクセンダを継続していると、心筋梗塞になりにくいのはなぜか、は、意外とこういう発表に裏付けられていくのかもしれません。


かつ、糖質制限ダイエットをすると、糖質がへり高脂肪食になりがちです。だから、糖質制限ダイエットは、死亡率を高め、落ち目になっていったのでしょう。Googbye 糖質制限ダイエット。



最新記事

すべて表示

Mixi に正式に参画、計画中

https://mixi.jp/home.pl 動画コンテンツや、日記などのブログcontentsは、あの懐かしいMIXIにまで、波及させていこうかな、と思っております。そのうちに、「コミュニティ」を作る予定です。 ぜひ、それができたら、ご案内いたします。 年内には、完成させる予定ですので、ご期待ください。 Mixiなんて、誰も使ってないんじゃないの? と、思われるかもしれませんが、ダイエットは基

インスタで、GLP1ダイエットを学習

インスタで、学習できるようにと、新たに、インスタ画面を作成しました。 主たる制作者は、当院の、GLP1担当ナースたちが作成していきます。 これまで、なかなか、インスタで系統的な学習をするというツールがなかったので、あえて、作成してみました。当院のナースが主体なので、応援のほど、よろしくお願いいたします。

May God Bless Donald Trump

この講演を聴くと、トランプがいなくなるのは、さみしい気持ちがしないでもないです。 社会の枠組みにとらわれず、独自の思想を元に行動するをアウトサイダーと呼びます。自分の信念を最後まで信じ、時には己の強い信念で他人から攻撃される場合も多いです。トランプ大統領はこの祝辞で、「そのようなアウトサイダーになれ」と言います。 [英語モチベーション] 誰が世界を変えるのか | 2017年度リバティ大学卒業祝辞|