• clinic94

子どものときに太っていた人はやせにくいって、ほんと?

「 最後のダイエット 」の 連載


Q7 子どものときに太っていた人はやせにくいって、ほんと?


A ほんとうです。脂肪組織はたくさんの脂肪細胞からできています。

人の一生を通じて、脂肪細胞の増える時期が、次に示すように3回あると考えられています。①妊娠末期の胎児(妊娠中、母親が必要以上に太ると、胎児の脂肪細胞がふえてしまうのです)。②生後1年間。③思春期。ですから、乳幼児のころ太っていた人は、脂肪細胞が人より多く、その後も太りやすいといえます。


 事実、 肥満している人の脂肪組織には、脂肪細胞の数そのものが多いタイプ(細胞増殖型肥満)と、脂肪細胞が肥大しているタイプ(細胞肥大型肥満)があります。


細胞増殖型肥満は、 子どものころから太っていた人に見られ、脂肪細胞の数は一度ふえると減ることはないので、この型の肥満の人はなかなかやせることができません。これが、 子どものころから太っていた人はやせにくいといわれるゆえんです。


これに対し、細胞肥大型肥満に見られるような、青年期以降にふくらんだ脂肪細胞を小さくすることは比較的容易です。 細胞肥大型肥満の人は努力しだいでやせることができるのです。












出典  最後のダイエット             鈴木吉彦 著  (株) 主婦の友社 発行

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食