• clinic94

予防できるか、できないか。

たまたま、自宅に海外からホームステイのため子供さんが来日。どういう理由か、I型糖尿病をもっていて、それで私のもとなら安心かと、相手側のご両親が考えたのかもしれません。


さて、I型糖尿病とは?と彼に、娘が質問したところ、答えは、I型糖尿病は、予防ができない糖尿病、II型糖尿病は、予防ができる糖尿病。という返事でした。


同じ定義で、予防ができる肥満と予防ができない肥満があるとしたら、どうでしょう。

出産後に太ったという理由をもつ女性が、沢山、来院されます。こうした場合、家庭の事情で肥満になったとしたら、予防ができたのでしょうか?


深い議論は避けますが、肥満治療は、特にGLP1ダイエットは、糖尿病の予防治療であることには間違いありません。エビデンスがあります。ですから、少しでも、ご家族に糖尿病の患者さんがいて、糖尿病は遺伝しますから、自分が糖尿病になることを予防したいと考えるのであれば、予防できる肥満を改善しておくのは得策、そう海外では考えられ初めています。例えば、空腹時血糖値が110mg/dl以上で、かつ、BMIが27以上であれば、GLP1ダイエットを始めても問題なし、、そう考えます。





最新記事

すべて表示

スライディングボードエクササイズ

180cm 230cm 2サイズがあります。 通常は、180cmで、十分だと思います。 230cmができる人が身長が高い人、体格が大きい人、アスリートを目ざす人だけのようです。 シューズカバーが、ありますが、あえて、靴をはかないで、素足でも、できます。 持ち運びやすい 場所をとる時だけとるけど、しまいやすい、です。 外来の患者さんたちに、コロナ禍で、御薦めできるツールのひとつです。

GLP1効果が継続している時の、秋の心境とは

食べる気がしない。 食べなくてはいけない、というきにはならない。 でも、食べ始めると食べてしまう。 結構、入る。食べちゃう。 以前と同じ量は食べられてしまう。 お腹いっぱいには、なったという感じには、ならないが、満足感はある。 ちょっとだけ食べてもいいかな、という感じ。 でも、これだと食べてしまう。 ここで、食事の回数を減らそうと思った人はやせることができる。 回数を減らさなければ、痩せない。 G

インナーマッスルは、ダイエット向きではない!

肩や腰がいたくて、インナーマッスル治療をうける方たちがいます。 電気で、筋肉を強制的に振動させるのですから、その筋肉周囲の血流はよくなり、気持ちがよくなることもあるかもしれません。 確かに、インナーマッスルの治療をうけた後、 インナーマッスルの器具を購入し、自宅で治療をした後、 腰痛が軽くなった、などという患者さんは存在します。 ですが、「筋肉が振動しただけ」では、ダイエット効果になるはずがありま