• clinic94

加藤先生の研究は、抗肥満薬

加藤まり先生の研究テーマは、動物実験を使った ビクトーザとメトフォルミンとが、腸内細菌に及ぼす影響、だったそうです。


くしくも、ビクトーザ(リラグルチド)は、投薬量が2.4mg以上のサクセンダになると、国際標準の抗肥満薬です。


一方で、メトフォルミンは、アメリカではオフラベルで最も頻繁に利用されている抗肥満薬です。


その2つが慶応大学病院での研究テーマだったというのは、ダイエットを考える上ではとても造詣が深いという点で、優れた医師です。


しかも糖尿病の臨床でビクトーザが発売された当初からその研究を開始しています。その意味では、日本でビクトーザが使えるようになった黎明期からビクトーザのスペシャリストであったわけです。


もちろん糖尿病専門医ですから、普通にメトフォルミンは外来処方されています。

ということで、偶然にもGLP1ダイエット外来で必要な要素、必要な知識は全て兼ね備えている最適の女性医師です。



(本日の写真は、女医、で統一します。加藤まり先生、ご本人ではありません。)


最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重