• clinic94

ビクトーザ0.6mgで痩せるはずがありません。

代表的なご質問があったので、SNSでも、お答えしていきます。


まず、ビクトーザを0.6mgで体重が減少するという科学的根拠はありません。食欲が普通にあるのも、当然です。サクセンダ1.8mgから2.4mgくらいの間で、約9割の参加者の皆さんが体重減少を体験されておられます(当院でのアンケート調査の結果では)。


今の美容系クリニックの事情は知りませんが、美容系クリニックの医師から、リラグルチド0.6mgで体重が減少するというコミットがあったとしたら、それは科学的根拠がないコミットメントと言わざるを得ません。0.6mgであれば、ちょこっと食欲が低下するくらいの程度でしょう。


原著の医学雑誌、N Eng J MedにあるGLP1ダイエットでは、あくまで、リラグルチド3.0mgを注射していて、約9割の対象者が体重が減ることが示されているダイエットです。


もし、今、美容系クリニックを受診されて、0.6mgでも痩せられると言われたのであれば、それは科学的根拠がある医療サービスではない、とお考えください。ぜひ、美容系クリニックの予約を終了されなくても、乗り換えをおすすめします。


上記のような類似のご質問が増えてきたので、Blog,Twitter、インスタでもお答えしておきます。代表的な質問には、お答えするという趣旨でSNSを利用していますので。

わからないことがあれば、専属ナース岩淵に、お電話ください。


リラグルチド0.6mgで痩せないから、といってGLP1ダイエットを断念する必要は全くありません。そんな美容系クリニックの医師に翻弄されているほうが、時間とお金の無駄だと考えます。悩まないでください。

PS.

なお、ビクトーザ0.6mgも、サクセンダ0.6mgも、同じリラグルチド0.6mgです。なので、サクセンダ0.6mgで痩せる、と言われたら、それも信用しないようにしてください。



最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食