• clinic94

マンガ: カット画面 その理由(2)

厚労省からの指導でカットした画面、その2です。この画面には、沢山のポイントがあります。

1.ビクトーザ、という用語は使えません。

厚労省は、ビクトーザは糖尿病治療薬として承認しているものであって、抗肥満治療目的として利用する事、それを表示する事は、医師としてふさわしくないとしています。よって、サクセンダは、本来、「抗肥満治療薬」ですから表示はできるのですが、ビクトーザという表現を動画などに利用することは、おかしいと指摘されました。

2.No.1糖尿病専門医が。。

No.1糖尿病専門医という用語が、他の医師と比較して、優越性を示している表現は避けるべきとの指摘がありましたので、この画面は不適切と判断しました。

3.「ダイエットプラクティス」という名称

この名称を表示する事がいけないこと、とのことです。プラクティスは、「臨床」という意味なので、ダイエットの臨床、という事のマッチングした用語なのですが、特別な用語として、他との優位性を示す用語とみなされているのかもしれません。

これが、どう「医療における問題」なのかは、当院のスタッフたちが、追加説明していくと思います。明日以降、当院のスタッフたちが、様々な事例をあげて、こんなところの改訂作業をしてます、という事を、解説させていただきます。




最新記事

すべて表示

週刊文春! 66-67頁 ぜひ、お読みください!

当院の、画期的な臨床内容が紹介されています。 ぜひ、ぜひ、ぜひとも、お読みください。 オンライン診療で、「週刊文春を読みました!」と、言っていただければ、サクセンダ1本、プレゼントしてもいいのではないでしょうか? 厚労省に、お叱りをうけない程度に、そういう考えすら、浮かんできています。 注意をうける可能性があるので、やれませんが。。。すみません。。 週刊文春 9月24日号

オゼンピック、針穴から、こぼれる!

糖尿病の臨床での話題です。 本当に、今、発売されているオゼンピックの評判は、悪いです。 お腹の皮下脂肪に弾力性がありすぎる、脂肪がぶよぶよとおなかについている、 そういう状態で、今の、オゼンピックの注射をすると、注射後、針穴から、液がもどってくるという患者さんが、既に、何名か経験しています。 少なくとも、100名中3名以上はおりました。3%は、医療現場での、トラブルとしては、かなり高い頻度です。

ボトックスクリーム。糖尿病専門医の「倍返し」?!

欧州糖尿病学会2019 (バルセロナ)にいった時の事だと記憶してます。 展示場で、ある女性から、声をかけられました。なにかと思ったら、ボトックスのクリームでした。たいして害はないですよ、といわれて、その女性がいうがままに、目の外側に、ボトックスクリームを塗ってもらいました。塗ったその時は、何も反応は感じませんでした。 ところが、その30分後、クリームを塗ったところだけが、皮膚が、つっぱってきたので