• clinic94

〇〇ダイエットっていうのは次から次へと出てきます。

Qouraからの引用です。

〇〇ダイエットっていうのは次から次へと出てきます。そのためどのダイエットが誰に適応されるのかは未だわかっていないといことでしょうか? - Quora


https://jp.quora.com/%E3%80%87%E3%80%87%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%86%E3%81%AE%E3%81%AF%E6%AC%A1%E3%81%8B%E3%82%89%E6%AC%A1%E3%81%B8%E3%81%A8%E5%87%BA%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%BE


回答は、この方がされています。

内容は、以下のような内容です。

閲覧回数が少ないので、あえて、ここで私が回答したいと思います。国際的に「抗肥満治療薬」として確立している薬剤は、そんなに、沢山はありません。なので、この質問者自体が、世界の情勢を分かっていないのかもしれないです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ダイエット=食事療法、食事制限です。広くは体重減少と理解されています。

体重のうちで簡単に減らせるものは水分と脂肪分です。筋肉を動かすのに必要とされるエネルギーは糖質=炭水化物ですが、余剰分は脂肪に変化しておなかの周りにたまります。体重に体脂肪率をかけた数字が脂肪分で、体重から脂肪の重量を引いた数字が除脂肪体重です。除脂肪体重を減らすことは難しいので脂肪分を減らすことがダイエットの目的です。

理屈は簡単で、消費カロリー>摂取カロリーの状態を継続し、その差が7000kcalに到達したときに脂肪分が1㎏減ります。これは言う程簡単ではなく、少しでも楽な方法で痩せたい人はどんどん新しい宣伝に踊らされてお金を払うのです。運動はもう古いとか、そんなことはありません。筋力トレーニングで筋肉量を増やして基礎代謝量を上げ、摂取カロリーを減らすことが減量の正攻法です。食事の時間帯とか血糖を上げにくい食材とかの細かいテクニックはありますが、これを食べれば大丈夫とかってうたい文句の食品に頼ると油断するので太ることがよくあります。また筋トレでは脂肪は燃えないのでジムの帰りに豪華な食事を摂ることも「ジム太り」の原因になります。有酸素運動は脂肪燃焼に効果的ではありますが基礎代謝が上がるわけではないので筋トレと併用すると効率がいいです。

最新記事

すべて表示

週刊文春! 66-67頁 ぜひ、お読みください!

当院の、画期的な臨床内容が紹介されています。 ぜひ、ぜひ、ぜひとも、お読みください。 オンライン診療で、「週刊文春を読みました!」と、言っていただければ、サクセンダ1本、プレゼントしてもいいのではないでしょうか? 厚労省に、お叱りをうけない程度に、そういう考えすら、浮かんできています。 注意をうける可能性があるので、やれませんが。。。すみません。。 週刊文春 9月24日号

オゼンピック、針穴から、こぼれる!

糖尿病の臨床での話題です。 本当に、今、発売されているオゼンピックの評判は、悪いです。 お腹の皮下脂肪に弾力性がありすぎる、脂肪がぶよぶよとおなかについている、 そういう状態で、今の、オゼンピックの注射をすると、注射後、針穴から、液がもどってくるという患者さんが、既に、何名か経験しています。 少なくとも、100名中3名以上はおりました。3%は、医療現場での、トラブルとしては、かなり高い頻度です。

ボトックスクリーム。糖尿病専門医の「倍返し」?!

欧州糖尿病学会2019 (バルセロナ)にいった時の事だと記憶してます。 展示場で、ある女性から、声をかけられました。なにかと思ったら、ボトックスのクリームでした。たいして害はないですよ、といわれて、その女性がいうがままに、目の外側に、ボトックスクリームを塗ってもらいました。塗ったその時は、何も反応は感じませんでした。 ところが、その30分後、クリームを塗ったところだけが、皮膚が、つっぱってきたので