• clinic94

コロナ関連記事、新薬の途中経過

内科医なので、内科の見知から、今の関心事を、そのままレポートします。 引用は、下記のサイトからになります。


https://medical-tribune.co.jp/news/2020/0917531767/

結論だけみると、下記のとおりで。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 主な薬剤の投与後の経過を見ると、投与例が少数(2例)で全例が軽快したイベルメクチンを除き、軽快した割合はトシリズマブが最も高く83.0%(死亡割合12.8%)、ファビピラビルが72.8%(同20.0%)、カモスタットが71.4%(同14.3%)、シクレソニドが71.4%(同20.3%)、ヒドロキシクロロキンが70.2%(同22.8%)、ステロイド(吸入薬を除く)が69.3%(同22.9%)、ナファモスタットが64.8%(同28.2%)、トロンボモデュリンが63.2%(同29.0%)、ロピナビル/リトナビルが61.2%(30.6%)、レムデシビルが57.4%(同14.8%)であった


PS. 追記

かつて、注目されていた、ファビピラビル(商品名アビガン)の有効率は、72.8%。死亡が20%のようです。詳細は不明です。どのステージから内服したかによっても、その評価は分かれますから。

GLP1ダイエットでも、同じ事が言えます。ある程度、体重が減ったら、その後は、有効率、再発率を議論することとなります。ただ、コロナ新薬についての安全性についての議論は、未だのようです。サクセンダについては、有効性は90%以上です。安全性は、以前のブログに副作用頻度を、皆さんに報告しています。 http://glp1.com

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食