• clinic94

GLP1新薬への切り替え効果を知りたい方へ

現在、当院では、ビクトーザからオゼンピック、トルリシティからオゼンピック、など、様々なGLP1受容体作動薬から、オゼンピックへの切り替え試験を行っています。以下にあるのは、2020年8月7日現在の状況で、今は(9月17日現在)、人数はもっと増えて、90名は超えてきています。切り替え試験のデータは、いずれ、このブログで報告します。なお、安全性については、随時、報告してきています。唯一、ビヂュリオンから切り替えた方については、ほぼ前例が、100%便利になったと答えています。ビクトーザからの切り替えについての答えは、企業秘密です。


Q1オゼンピックを使用したいですか?(n=75) 1はい 73人 97.30% 2いいえ  1人 1.30% 3医師に聞いてから 1人 1.30% Q2オゼンピックを使用したい理由は?複数回答可 1血糖値を下げたい 66人 2体重を減らしたい 65人 3新薬に興味がある 45人 4その他 0人 Q52週間に1回の外来をオンラインでならやりたいですか?(n=75) 1オンラインでやりたい 56人 74.70% 2やらなくていい 10人 13.30% 未回答 9人 12.30% オゼンピックの前に使用していたインクレチン製剤(n=75) 初診から   1人 1.30% リキスミア 1人 1.30% バイエッタ 5人 6.70% ビクトーザ 42人 56.00% トルリシティ 12人 16.00% ビデュリオン 5人 6.70% DPP4阻害薬 9人 12.00% 合計 75人 男性 50人 女性 25人 合計 75人

http://glp1.com

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食