• clinic94

1週間に1回のGLP1製剤、復活?

https://care.diabetesjournals.org/content/43/10/2509

Emerging Therapies: Drugs and Regimens Impact of a Weekly Glucagon-Like Peptide 1 Receptor Agonist, Albiglutide, on Glycemic Control and on Reducing Prandial Insulin Use in Type 2 Diabetes Inadequately Controlled on Multiple Insulin Therapy: A Randomized Trial Julio Rosenstock1⇑, Antonio Nino2, Joseph Soffer3, Lois Erskine4, Andre Acusta5, Jo Dole3, Molly C. Carr3, Jason Mallory4 and Philip Home6 +Author Affiliations

オゼンピックと同じGLP1製剤ですが、以前は、オゼンピックに差をつけられるので、業界から撤退するかと思いきや、今月号のDiabetes Careでは、そうでも、なさそうです。

血糖コントロールに対する作用は、オゼンピックには勝らないとしても、その強さは、投薬量によって、いかようにでも、改良はできます。

オゼンピックの2.4mg製剤が、「抗肥満治療」に応用という噂がながれていますが、それならば、Albiglutideも、高用量にすれば、十分、オゼンピックと市場で戦えるキャパシティはあります。

まして、サクセンダもそうですが、サクセンダの3.0mgは、アメリカ人の肥満体型の人にとっては、適しているかもしれませんが、日本人では、3.0mgが適切とはいえないかもしれないように、日本人では、オゼンピックよりも、Albiglutideのほうが、至適投薬量に適しているという事も、ありえます。

今後、注目していきたいと考えます。


最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食