• clinic94

医療情報の総合サイトへの取り組み(事例:@ソニーコミュニケーションネットワーク) 6

現在、こうした場面で非常に大きな役割を担っているのが、MRと呼ばれる人材であり、かれらが日常的に展開している次のような活動からも、医療現場におけるコミュニケーションの重要性の一端を窺い知ることができる。

 ①効能、効果、用法、用量、作用機序、副作用など、科学的根拠に基づいたいやくひんのデータを医師に対して提供する  ②正確な臨床データを医療現場から収集する  ③収集した情報を、迅速に幅広い医療現場に伝達する  ④同時に製薬会社にも情報をフィードバックし、新薬の研究開発に役立てる

とはいえ、こうした「人間系」による活動に頼るにしても限界がある。医薬品の進化、医療の専門分化に伴い、医師からの情報ニーズはますます高度化、専門化しているからだ。 医療機関を訪問するMR自身の知識や経験にも個人差があり、しかも、医師が必要とするのはいやくひんの情報だけではない。  一方では、「時間」という問題もある。特に最近は、現場の医師たちの忙しさがピークに達しており、いかに優秀なMRであろうと、頻繁に来られては対応に困るというのが実情だ。やむを得ない措置として訪問規制を敷いている医療機関も珍しくない。  そうした中で、より的確かつタイムリーな情報伝達や、専門家同士の緊密な意見交換をサポートし




1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食