• clinic94

EMFs治療で糖尿病を治す、肥満を治す

最近の論文から興味深い内容を紹介いただきましたので、解説します。



糖尿病は様々な要因で起こりますが、膵臓β細胞の障害が原因である事は、ほぼ事実です。その背景には、活性酸素の増加や、redox balanceという状況が変化する事が原因ではないか、という仮説があります。これらは、ミトコンドリアで調節できる変化です。今回、イメグルミンが、糖尿病治療薬として承認されそうですが、作用機序は不明ですが、こうした異常を改善し、膵臓を健康な状態にもどしてしまう、という機序も考えられます。

この論文は、そうした、元元、ミトコンドリアに欠損しているような機能を、EMFs (electromagnetic fields)、つまり、電磁磁石の原理を利用して、改善せしめ、糖尿病を治す事ができないか、もし、それができれば、非接触の外部からのEMFsの治療だけで、糖尿病を改善させる事ができるだろうという仮説から実験されたものです。

miceを使っているので、いまだ、動物実験です。そこでは、miceは、EMFsの刺激に反応して、血糖値をさげ、食後高血糖を改善したそうです。耐糖能の改善が証明されました。

他にも、酸化ストレスの改善、インスリン抵抗性の改善などを調査した結果を発表しています。

acts as a paramagnetic sensor to initiate or mediate the metabolic effects Based on prior studies, we hypothesized that O2of sBE. This concept was tested by scavenging O2,systemi-cally using pharmacological molecules and specifically in the liver via genetic approaches during sBE exposure.

活性酸素が糖尿病の原因かもしれない、、こういう仮説は、ミトコンドリア糖尿病分野では、私が1996年に提唱しているので、新しいものではありません。

この研究の限界(Limitation)

Further, a dose response of each component of sBE and its timing may need to be optimized. Also, while we demonstrate that mitochondrial superoxide in the liver mediates the therapeutic effects of sBE, it is possible that other forms of ROS play an important role. Future studies should seek to identify additional key players in this effect. ==> こんなの専門家の間では、常識です。まして、ミトコンドリア糖尿病がそれを証明してます。私の論文を引用してくれないのが、おかしいです。

最大の、Limitation にすら、議論されていませんので、これは、まだまだ非実用的でしょう。最終的には、EMFsと類似の効果を発揮するproteins を、見つける必要がある、との結論をだしています。そんなprotein、今は存在しません。EMFsも、磁気や電気であるとすれば、膵臓のような後腹膜臓器まで、届けるのは無理な話です。miceだから、可能だった話です。

Limitation of study が、大きすぎて、かなり将来の実現化には、まだまだ、何ステップの障害がありそうな理論でした。

ただ、言えるのは、「薬に依存しないで、非接触型治療方法で、糖尿病を治す、肥満を治す」という発想は、誰もがしているということだろうということです。

とはいえ、どの仮説にも、諸悪の原点は、「ミトコンドリア」とでてきます。ミトコンドリアは私の専門分野なので、とうとう、いろんな意味で、ミトコンドリアが注目されるのは、嬉しいことですし、だから、最新論文を紹介させていただきました。



最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食