• clinic94

痩せたいんです。転売は絶対にいたしません。

こういう会話のやりとりは、日常会話です。少なくとも糖尿病外来では。

医師:「やせれば、よくなりますよ。」

患者:「はい、分かってます。薬なしで、頑張ります。」

患者:「といっても、もしかして、薬で、痩せるって、できるんですか?」

医師:「できます。だけど、痩せる事を、9割、保証できる治療は注射です。」

患者:「注射ですか?。。飲み薬はないのですか?」

医師:「今は、注射製剤しか、その確率で痩せれるという治療法はありません。」

患者:「では、せっかく、糖尿病になったんだから、保険がきくのでしょうか?」

医師:「はい。糖尿病の診断がついた場合には、保険で処方する事ができます。」

患者:「保険がきくなら、やってみてもいいです。どんな治療でしょうか?」

医師:「はい。では、隣にいるナースが、GLP1担当ナースです。彼女が、educatorなので、彼女が指導しますから、ちゃんと聞いてみてください。」

患者:「わかりました。彼女は、やせてますね。」

ナース:謙遜して、「私は、そんな、、、」。

ーーー 続く ーーーーー

医師:「ともかく、この薬は、アメリカでは、とっても高いお薬なんです。日本で、糖尿病治療薬として、入手するのであれば、安価に入手できます。」

患者:「はい。わかりました。でも、飲み薬があれば、いいのですが。」

医師:「今のところ、飲み薬はありません。そして、この薬は高いのです。ですから、絶対に、転売しないでください。」

患者:「転売? え?」

医師:「はい、そうです。そのリスクがあるから、あまりにも、安価な薬品としては、お渡しはできません。それに、自己注射指導管理料といって、しっかりと医師が指導管理をしている劇薬であるから、という理由での保険点数もついている治療法なのです。」

患者:「わかりました。絶対に、転売はいたしません。やってみます。」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こんな会話が、糖尿病外来の日常会話です。GLP1ダイエット外来の会話と違うのは、最後の赤い文字の所くらいです。

最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重