• clinic94

糖尿病を専攻しようと思った経緯(実話)

慶応大学の医学部時代、北里講堂(最下段:写真のイメージ)で、内分泌の授業がありました。その時、たまたま糖尿病についての講義が、片岡講師からありました。そして、その時、「誰か、受講生の中に、この本を翻訳できるものはいないか?」と片岡先生から質問をされました。

その時、片手をあげたのが、同級生110人の中で、私ひとり、、でした。なぜなら、この本というのは「インスリン発見の物語」という古書。それは、カナダのトロントで、バンティングベスト博士、らの多くの研究者達により、インスリンが発見されたので、「原著」は、フランス語で書かれていたからです。

よって、

フランス語できる==> 糖尿病では誰より有利

と、自分勝手に思い込んだ私は、ひとり、「インスリン発見の物語」を翻訳しました。これが、「糖尿病を専攻してみよう」という最初のきっかけになったのでした。

こんな偶然あるものなんです。

「吃音」だから治療目的で「フランス語」を猛勉強した。 「フランス語」ができたから「糖尿病」では有利だと、勝ってに思い込んだ。 「糖尿病」を専攻したから、「糖尿病専門医」を選び、長年、糖尿病治療を行ってきた。 そして、「糖尿病」の専門医だから、GLP1ダイエットの医療活動を始めた。

こうやって今に続いていると思うと、バイデンと、GLP1ダイエットは偶然が数回、重なって必然だったようなきがしています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

以下の記事を参照。実話です。


http://www.shimizu-clinic.biz/blog_detail/index/entry/119


インスリンが命名されました。命名者はベルギーの生理学者 ジーン ド メイヤー(1878-1934)です。彼は膵島に「血糖を下げるホルモン」があると推定し、1909年にフランス語で"insuline"と名付けたのです。  ==> インスリンの名称の誕生は、1909年、フランス語が世界最初だったのです!!

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食