• clinic94

味わったら口から出すだけのダイエット法

どうしても食べたくなってしまう。 たまらない。 体重が増えてしまう。 あげくの先に、考えたアイディアが、

口の中だけで味わって、飲み込まないようにすること。

これは、胃の中に入ったものを、吐くわけではないので、体に悪いということはないでしょう。ただただ、かんで、味わったら、そのまま、口から出してしまうというだけのダイエット法です。

よって、今後、果物やお菓子は食べたら、すぐさま、口の外へと、吐き出しますとのこと。

栄養士さんのアドバイスは、 「やってみることが大事なのでやってみましょうと話す。」 栄養士さんも、それ以上、助言する言葉をなくしてしまったようです。

今までは、飲みこんでいた。こと自体が反省材料になるとは。

でも、ここからが真面目な話になります。 こういう事態が極端になると、「健康被害」につながらないとも限りません。だからこそ、臨床現場では、まじめな指導内容となります。必ず1か月に1回は通院してもらう事が前提のダイエット指導になります。

最新記事

すべて表示

May God Bless Donald Trump

この講演を聴くと、トランプがいなくなるのは、さみしい気持ちがしないでもないです。 社会の枠組みにとらわれず、独自の思想を元に行動するをアウトサイダーと呼びます。自分の信念を最後まで信じ、時には己の強い信念で他人から攻撃される場合も多いです。トランプ大統領はこの祝辞で、「そのようなアウトサイダーになれ」と言います。 [英語モチベーション] 誰が世界を変えるのか | 2017年度リバティ大学卒業祝辞|

NASHとは

NASHとは、、これを知らないと抗肥満治療が語れないかもしれません。 以下のサイトから引用しますが、ポイントは2点です。 1.予後は良好である事が多いので、たいした問題とは考えられていない。 2.治療法はない。特に、グルカゴンなどの効果も証明されていない。 従って、予後が悪いとされる「原因」さへ見つかれば、GLP1を使って押さえ込まなくても、心配ない病態です。サクセンダで十分だと思いま