• clinic94

患者さんに嘘をついて、何が楽しい?

美容系クリニックにいると、最初の初診1回目だけは、サクセンダは安いそうです。 それでも、針代、診察代、採血代などを、いれて、サクセンダ1本で3万5000円くらい。2回目からは、サクセンダ1本5万円に、はねあがるのも普通だとか。聞きます。

徐々に増やして、効かなくなったら、増量してください。

そんな事を、平気で、美容系クリニックの医師は、話をするようです。嘘ではないですが、まるで、「耳学問だけで、できる医師としては、素人医師の素人医療です。」

それでも、クリニックの内装がきれいだったり、簡単に言われることで、目がくらみます。 かえって「この医師は、沢山は語らないけど、沢山、知識はもっているのだろう」と、患者さんたちは、安心してしまうようです。

ですが、それは、完全な間違いです。美容系クリニックの指導(1日、0.6mgで維持療法)をベースとした、サクセンダの5年臨床成績などというのは、存在しないはずだからです。

サクセンダ0.6mgで勧めておけば、医師側の都合で、まず、副作用などで訴訟されることはないだろう。コンプレックス外来だから、もし、効果がでなくても、実名を社会に公にして、発言する女性はいないだろう、、そう美容系医師たちは、考えているはずです。

それは、美容整形外科という臨床が、基本的に「治療を受けていること自体を、周囲の人には隠したい。成功しても、患者は黙る。あとで詐欺といわれない程度に。もし、失敗したら、自己責任で、訴訟にまではもちこめない。実名が社会に公開されるのを、さけたいがため、泣き寝入りして、二度と、その医師には合わない」、という「コンプレックス外来」ならではの特徴を利用されているわけです。

こういうスタイルで、GLP1ダイエット外来を開いている医師たちは、特に美容系クリニック医師たちは、どっぷりと、「それが当たり前」と考えているからに、他なりません。こうした風潮を、ぜひ、ネットの社会で、公開する勇気ある患者さんがいてほしいと思ってます。日本は保険医が圧倒的に多い国です。上記の意見に賛同してくれる医師の潜在人口はものすごい多いと思います。

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食