• clinic94

国際標準GLP1製剤、サクセンダの市場

39か国で、発売されているようです。

近くは、韓国。オーストラリア。 ロシア。サウジアラビア。トルコ。イタリア。ドイツ。イギリス、スペイン。ポルトガル。北欧3か国。などなど。 もちろん、ノボノルディスク社があるデンマークでも。

こういう諸国では、承認薬剤として、医師が処方できるとのことです。

案の定、サウジアラビアがありました。超肥満大国ですから。

ロシアで承認されているのは意外です。薬価が安いのでしょうか?調べてみたいです。 ただ、ウオッカを飲むと、サクセンダの食欲抑制中枢効果は相殺されるはずです。

いずれにしても、世界39か国で、「抗肥満薬剤」として、承認されている1日1回注射のGLP1製剤は、「サクセンダ」だけだそうです。 オゼンピックは未承認です。まして、1週間に0.5mg、1週間に1.0mgの、抗肥満治療薬としての臨床試験結果はありません。要するに、

1週間に1回の注射で、「抗肥満薬剤」として、承認されている国は、ひとつもない、とのことでした。それを知っているだけに、今、オゼンピックを処方している美容系医師は、世界の状況を、しっかり把握しているかは、きわめて怪しく、日本では処方が禁止されています。なのに、広告には、そうした規制や医師としての常識に反して、広告をうっているクリニックがあります。それこそ、そういうクリニックから、不適切な治療をうけた患者さんこそ、それを、消費者センターに届けて、苦情を話してほしいものだと思っています。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食