• clinic94

デジタル療法?

アプリで治療成績を伸ばそうということがあり、複数の臨床試験を行うべきでしょうか? アプリを使った群と、使わなかった群とでは、治療成績に差がつくのは当然。 アプリを使うという「行動療法」が、治療に対して、有意差を及ぼすのは、容易に想像できるものです。iryoo.jpのほうが、しっかりした、Webアプリ、なので、既に、デジタル療法と言えるかもしれません。NASHは、GLP1で治せます。



PS. 以下の動画は見る価値はないかな。まだ、27回しか再生されていません。感心がある人が少ないようです。朝、起きた時に、「タバコを吸いたくなるでしょう。その時に、アドバイスする。」とありますが、実は、「その時に、タバコの事を思い出してしまうかもしれません。そうすると、思い出して、タバコを吸いたくなるかもしれません。」。難しいですね。

#84/ニコチン依存症治療用アプリ/株式会社CureApp 代表取締役CEO兼医師 佐竹 晃太/この国の行く末2


https://youtu.be/hDS6Ro3SWMw

SNSを使って、デジタルで、GLP1ダイエット療法を拡散させているので、このブログ自体が、「デジタル療法」になるのではないでしょうか? Webアプリも、薬事法により、認可されているとのことです。

また、アプリが認められたのは「糖尿病向け」が、治療効果が上がったそうです。 アプリによる「心理的サポート」があると効果があがるということです。 このブログも、アプリではないが、デジタルSNS療法、と言えるかもしれません。

タバコを吸いたくなった時に、チャット機能を使って、喫煙を止められるのであれば、 ダイエットで、間食をしたくなった時に、チャット機能を使って、BOTで、辞められるようになれば、困らない。

依存症は、アプリでは治らないです。理屈がないと駄目です。


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食