• clinic94

GLP1タキフィラキシーについて、その2

ですが、私たち日本の医師、4名には、そういう考え方は、その当時ですら、違和感を覚えるものでした。

もしかしたら、製薬メーカーが、そういう考え方をするようにと、つまり、本来、副作用である部分が消えて、良い作用だけ残る都合のよい薬剤であることを強調するために、この用語は意図的に造語されたのではないか、とすら疑ったくらいでした。

パネルディスカッションの順番が回ってくる間、GLP1注射の問題点について、各世界のエリアごとに問題提起しなさい、という課題を課せられてきました。どんどん各国が発表するなかで、この「GLP1タキフィラキシーは望ましいこと」というコンセプトがあったためか、他の国からは、ひとつも、悪心、嘔吐が強いことが、問題として議論されなくなっていました。

結局、私たち日本チームの番になった時、日本としては、もともと民族がらか、ALDH2遺伝子多型のせいなのか、お酒をのむと、悪心、嘔吐が強い民族であるという背景もあるせいなのか、GLP1タキフィラキシーを、そのままの、副作用だけが減弱し、効果は持続する、という、コンセプトには、少しだけ反対します、やっぱり、ちょっとした、悪心、嘔吐があれば、高濃度のGLP1注射は、うけいれがたいものです、と反論をしました。

どうして、そういう、日本だけが孤立した立場になったかというと、実は社会的背景もあります。

日本では、ビクトーザの至適投与量が、欧米のように、1.8mgではなく、半量の、0.9mgであったからなのです。従って、0.9mg以上の高用量のGLP1注射ですら、最大、受け入れ幅の限界であるのに、より多くの投薬をして、そうしても、悪心、嘔吐の副作用が消えれば、それでよし、という実感は、わかなかったという、背景もあったのでした。

結局、その、グローバルなGLP1サミットでの、結論のところに、日本だけは、以前として、「悪心、嘔吐が強い」という問題が、プロジェクターに映し出されて、他の国の糖尿病専門医の結論とは、異なる意見が、掲示されました。

200名ほどいた、世界中の糖尿病専門医からは、「えっ」という不思議なまなざしで、みられました。

おそらく、それは、ビクトーザの発売前後、ですから、2010年頃のことだったと思います。(詳しい年月日は忘れました。すみません。ブログですから、許してください。)

ですが、その当時の日本では、ビクトーザは、ビクトーザ単剤か、ビクトーザとSU剤との併用の、2つの方法しか、投与法が許可されておらず、特に、ビクトーザとSU剤とを併用すると、就寝前に、極度の空腹感に襲われて、結局、寝る前に食べてしまって、血糖コントロールができない、という臨床的な課題も、つきつけられていた当時の頃だったように思います。

(続く)

37回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トップフォロワーが医療関係者達

https://twitter.com/drsuzuki006 私のTwitterの、フォロワーのトップが、「ケアネット」(公式サイト)。医療関係者が集まる専門サイトです。つまり、医療関係者にフォローされている人にフォローされている? という事は、医療関係者の関心が高い内容を情報発信しているという事になるのでしょう。 当院のGLP1ダイエット外来を訪れるのは、ナース、女性医師、保健師、薬剤師、介護

食欲が低下しすぎて嫌、低下しすぎて良い薬!

未来の抗肥満薬のお話をします。既に、臨床試験には入っていて、糖尿病専門医の最先端の医師達は、処方経験がある薬剤です。もちろん、私も処方経験があります。ですが、どの新薬なのかは、公開はできません。 その新薬を投薬すると、2つの反応に分かれます。それが、 食欲が低下しすぎて嫌。続けたくない。  という方々と、 食欲が低下してちょうど良い。体重も減ってくるのでありがたい。 という方々です。 もちろん、後

18日から28日まで、年末限定! AGA.sale

男性型脱毛症(AGA)の治療薬、フィナステリドを、サクセンダと同時に購入の方のみ、超格安価格で、お届けいたします。価格表は以下のサイトをご覧ください。 AGA 男性 脱毛 HDC アトラス クリニック 千代田区 予防 最安値 https://www.aga.sale/ 他のサイトで購入される場合の、半額以下になっていると考えます。ただし、既に、フィナステリドを服用されている方に限定させていただきま