• clinic94

サクセンダ3.0mgで、右脳が変化する。

サクセンダ3.0mgで、日々、満腹感を感じていると体重が減るだけでなく、脳の食事に対する反応も自然と変化していくようです。


https://dom-pubs.onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/dom.13827


リラグルチドの受容体は視床下部に位置することは知られていましたが、その食欲中枢を抑制しつづけることで、代償的に、今度は、activation of the right orbitofrontal cortex (OFC) in response to food cues、つまり、右脳の眼窩前頭皮質という部位の、食事に対する反応が変化する、という興味深いデータが発表されました。

サクセンダで、痩せると確かに、ある一定の減量で止まることが多いのですが、その理由は、さだかではありません。ですが、脳において、代償作用があるとしたら、それが、ある程度のところで、体重減少を抑える他の作用機序をおこして、一定体重にしている可能性があります。

さらに、サクセンダを利用したGLP1ダイエットの成功する確率は9割を超えますが、残り1割は体重が5%も減りません。なぜ、減量に失敗し、痩せない人がいるか、という研究も、実はなされていませんでした。

こうした脳内における「代償機構」が、その、減量に失敗する理由や、サクセンダでも痩せない理由を解明する、きっかけとなれば、そこを克服すれば、ダイエットが成功する確率は増えます。

いずれにしても、右脳なので、左脳は変化しなさそう。私は、今、サクセンダ3.0mgですが、こうやってブログを書いている分には、左脳を使うので、大丈夫そうです。

右脳を使う職業の方は、ご注意を!


最新記事

すべて表示

プロフィールのアクセスが急増

今年にはいって、私のプロフィールへのアクセスが急増しています。 やっぱり、GLP1ダイエットが増えてからというもの、 どういう医師が、まじめな医療を行っているのか、 しっかり、調べてみたいという人が増えてきているようです。 価格だけじゃなくて、しっかりとした 「本物の医師(True Doctor」の診察を受けたい、という需要が増えてきているようです。 チャラチャラしたホームページでないところが、か

私たちは何を食べる? ダイエットは脳を救う。

7,329,080回再生されている動画。10万回の「イイネ」があります。 ドイツの公共放送らしいです。42分と、かなり長いので、「栄養学」に関心がないと、最後まで見るのは難しいかもしれません。 Better brain health | DW Documentary - YouTube https://youtu.be/TLpbfOJ4bJU 最初にでてくるフレーズが印象的です。 脂肪ばかりの食事

体重が増えたらGLP1をシェアする。

大学生の長女が、こんな論文を書いていました。 「IT化の急速な発達に伴い、私達の生活はより高いクオリティーを、より早く、より簡単に行えるよう進化してきました。 この傾向は人々の効率化への執着をかきたて、近年では時間・場所・人・モノと様々な背景において効率化が重視されております。 その際、所有しているものの使っていない空間やモノの共有や、もちあわせているスキルの共有、マッチングの効率化は、効率化を重