• clinic94

アルコール類を飲んだらその分主食を減らせばよい?

「 まちがいだらけのダイエット」の 連載

まちがい  アルコール類は、ほとんどが穀類や果物を原料にして作られます。けれども、これがアルコール製品になると、エネルギーと糖類以外、ほとんど栄養素がなくなってしまいます。清酒やビール、葡萄酒にはごく少量のタンパク質、ミネラル、水溶性ののビタミンが含まれますが、焼酎、ウイスキー、ブランデー、ウォッカ、ジンなどの蒸留酒には、タンパク質もミネラルもビタミンも全く含まれません。

これはエンプティカロリー食品と呼ばれ、御飯やパンを食べずにアルコール類ばかり飲んでいると次第に各種の栄養素が不足してきます。

特殊な場合にはあてはまるが・・・  アルコールをたくさん摂る人に太り気味の人が多いのは、飲みながらエネルギーの高いものを食べたり、夜遅くに食事をしたりすることが多いためでしょう。もちろん、アルコール自体も高エネルギーです。

 逆に酒飲みなのにやせている人がいますが、こういう人は栄養のあるものを食べずに飲むことが多く、アルコールで最低限のエネルギーは確保しているものの、タンパク質をはじめ、ビタミン、ミネラルなどの栄養が不足していることが考えられます。

糖尿病になっている可能性もあり、とても健康とは言えません。こうした状態は正しくは「やせている」ではなく、「やつれている」と呼びます。

出典  まちがいだらけのダイエット 鈴木吉彦 著 (株) 保健同人社 発行

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

トランプ大統領のベストスピーチ

Quoraからの引用です。 トランプ大統領のベストスピーチと言われる内容は、健康に対する認識でした。こういう所が、彼が人々の尊敬を集めた点だったのかもしれません。 この中に、really tough, really big, and really good appetizingという表現があります。 「タフな奴は、しっかりでかくて、食欲もしっかりある。」 これは「ダイエット」とは、一見、別のような

12月、年末は、ダイエット漫画一斉公開!

2020年12月は、12月1日から、これまで当院スタッフが作成した、GLP1ダイエットの漫画を、1か月かけて、一斉公開していきたいと思います。 コロナ禍による重くのしかかった風潮を、漫画で一斉に吹き飛ばしていただければ、と考えての企画です。 今年は「鬼滅の刃」が大流行しましたし、アニメで始まり、アニメで終わるのが、美しいのかもしれません。

「いきなり!ステーキ」で15キロ減量できるか

2015年、5年前の「いきなり!ステーキ」は、元気がありました。 以下のように、赤身の肉だけたべて、15kg痩せられるかを実験したそうです。 「赤身肉だけを食べるダイエットの行方」がテーマでした。 しかも、2015/09/18 の記事ですから5年前の記事です。 ただし、加えて、「筋肉トレーニング、有酸素運動も行う。これらにかかる費用は会社から経費として出ることになっている。」ということで、肉だけ食